会社概要

会社概要

代表取締役  日高 正典ひだかまさのり
創     立  1979年(昭和54年)8月
資  本  金  1000万円
社  員  数  23名
所  在  地  〒731-5109
広島県広島市佐伯区石内北5丁目4番22号
電話  082-208-5800
FAX  082-208-3200

shachou

 

あいさつ

当社は昭和52年、私の父であり現会長の日高初則が、小さな貸工場を借り3人で始めた会社です。
あれから40年、取引戴いている皆様にご協力いただきながら着実に成長してまいりました。
成長の過程には様々なことが起こり、日々それに対して解決策を見出しながらやってまいりました。
図面通りのものを作るのがこんなにも難しいものかと悶えた日もありました。
私たちはその過程の中で、自然とこんなことを思うようになりました。
「やればできる」
「できないのは努力が足らないから」と。
まずは他の会社と同レベルまでできることを目標としました。問題点に直面すると、どうすればクリアできるか皆で考え、皆 で遅くまで夜なべして解決してきました。
そうやって少しずつお客様からの信頼を高め加工領域の幅を広げていきました。
その後もさらに、どうすればもっとお客様に喜んで頂けるかを考え、社員一丸となり邁進してまいりました。
他社に負けないものを身に着けようと努力も欠かせませんでした。

自然と身についたこれこそが40年の歴史の中で作り上げた東洋省力の形だと思います。
私は2012年2月に社長に就任させて頂き、この築き上げた形をこれからも継承させていくために理念として掲げました。

1 喜び(笑顔)の連鎖を生み出す企業
 「顧客の喜び」 連鎖 「会社の喜び」 連鎖 「社員の喜び」 連鎖 「家族の喜び」
2 邁進し発展する企業
 「やればできる やらなきゃできない」をモットーにどんな小さなことでも常に目標を持ち、ひとつひとつを積み上げ達成することで大きな成果が得られる。
3 無限の可能性を発信する企業
 一枚のシートメタルから無限の可能性を!

最後まで読んで頂き有難うございます。今後とも東洋省力株式会社を宜しくお願い致します。
                                                                  代表取締役社長 日高正典

沿革

▼1977年3月(昭和52年) 亜東通商株式会社(三菱商事系)
1979年8月(昭和54年) 日高初則により「東洋省力機工」を創立。(広島市安佐北区可部)
1983年5月(昭和58年) 「東洋省力株式会社機工」に改組。
1987年3月(昭和62年) 広島市安佐北区上深川に移転。
1987年8月(昭和62年) 「東洋省力株式会社」に社名変更。
1989年1月(昭和64年) 資本金を200万円増資。
1992年3月(平成4年) 資本金を250万円増資。
1995年8月(平成7年) 資本金を360万円増資。
2000年2月(平成12年) 本社工場を広島市安佐北区白木町に移転。
2002年2月(平成14年) 水玉噴水装置「ツィンクル・スター」にて特許を取得。
2004年4月(平成16年) 第2工場増設。
2012年2月(平成24年) 日高正典 代表取締役社長に就任  日高初則 代表取締役会長に就任
2014年10月(平成26年) 西風新都(佐伯区石内北)に3638㎡の工業用地を取得
2015年11月(平成27年) 西風新都(佐伯区石内北)に新社屋竣工

       

アクセスマップ

〒731-5109 広島県広島市佐伯区 石内北五丁目4番22号 (西風新都 こころ産業団地内)